2006年08月31日

ホウオウボク

hououboku1_060830.jpgホウオウボクは、熱帯を代表する花木の一つで夏には広い日陰を与えてくれる。紅緋色の花が一面に咲き、遠くから見ると燃えているようにも見えるので英語ではフレームツリーと呼ばれている。私が一番好きな樹の一つでもある。かなり大きくなる樹なので花を間近で見る機会は少ないのだけど、山川のせせらぎ公園でまだ背の低いのを見つけた。


hououboku2_060830.jpg

南風原では立派なホウオウボクを見ることは少ないのだけど、この樹もいづれは大きく育ってくれるといいなぁ。花が終わったあとには長さが50cmもある大型のさやの実ができるのもとてもユーモラス。中身は食べられないんだろうな(^^;
sagarinaba2.jpg公園の隅にあったこれは、サガリバナかな?方言だとサワフジとかキーフジと言う。6-7月に咲く花が長く垂れ下がるところからサガリバナと呼ばれるのだけど、花は夜に咲いて甘い香りを放ってくれる。この樹もまだまだ小さかったけど、これからが楽しみね。


sagaribana_fl.jpg

これは以前、ハーバービューホテルの近くで撮ったサガリバナの花。
もっと見たい方は、こちらへ(mixi)

haebaru_map.gifこの地図は拡大も、マウスで移動もできます。


人気blogランキングfみんなに南風原を知ってもらうためにクリックしてね!→


ラベル:南風原
posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊ぶ・学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。