2006年07月17日

イーチキ御嶽のソウシジュ

iichiki.jpg津嘉山小学校近くのイーチキの御嶽。 ソウシジュの木々で被われている。下の方はオオバギかな。ソウシジュは、漢字の相思樹をそのまま音読みにした和名でウチナー言葉だと、ソーシギとかショーシギとか言うようだ。ロマンチックな名前だけどその由来は分からないらしい。春には黄色くてポンポンみたいな花が咲く。樹形もそのほっそりとした葉で爽やかな印象をしているよね。


iichiki_sousiju1.jpg

iichiki_sousiju1.jpgソウシジュは、フィリピン、台湾の原産で、沖縄には1906年に防風林用に台湾から導入されたとのことだから今年でちょうど100年なんだ。
で、この細い葉に見えるのは実は葉柄。アカシアのような羽状複葉となる葉は苗や若い枝にはつくけど、すぐ落ちてしまうんだそうな。

haebaru_map.gifこの地図は拡大も、マウスで移動もできます。


人気blogランキングfみんなに南風原を知ってもらうためにクリックしてね!→


posted by rio at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊ぶ・学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。