2010年08月10日

ウサンシーの伝説

huinsaretamura_t.jpg随分前のことだけど、沖縄で唯一海のない市町村となった南風原に、なぜか浦島太郎伝説が残ってたりすると書いたことがある。やっと骨が繋がって一応全快した私だけど、入院中にある出版社から写真を借りたいとのメールがあった。その本が最近になって発行されたようだ。それがこの封印された日本の村って本。


huinsaretamura.jpg

ちょっとおどろおどろしい表紙だけど、この出版社は他にも封印された日本の離島とか黒歴史とか呪われた日本地図なんてのもだしていたりする。

この本にも廃村、廃墟、廃屋、廃線、廃校のイメージがある。かつては繁栄したけど、いろんな理由から人が去って行き廃れた場所の今となぜそうなったかを検証し、その背景の逸話が集められている。

huinsaretamura_usansi.jpg
huinsaretamura_usansi2.jpg

そう言う意味では南風原の浦島太郎伝説はちょっと異質かもしれないけど、なかなか興味深いと思う。

huinsaretamura_index.jpg

さとうきび畑の村を襲った戦争は西原町が題材になっている。他にもいろいろと興味深いことがあったりするし一読するのもいいかも。
そう言えば、うちの近くには中城高原ホテルっていう割と有名な廃墟もあるんだよね。
封印された日本の村はここから

posted by rio at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊ぶ・学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159069942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。