2006年01月27日

黄金森の沖縄陸軍病院壕

k_enkei.jpg南風原町には今も多くの戦跡が残っている。もちろんそれは南風原に限ったことではなのだけれど。前に紹介した南風原文化センターでもその様子や数々の遺品が展示されている。この黄金森も今は緑がうっそうと生い茂っているけれどここには、沖縄陸軍病院の壕が残っている。
文献によると30近くの壕が掘られたそうだ。軍医・看護婦・衛生兵など450人、ひめゆり学徒隊239人が配置され、数千人もの傷病兵の治療・看護に当たったという。1990年に戦跡としては、全国で初めて南風原町の文化財に指定された。


24gougou_ent.jpg k_saka.jpg k_kinkei.jpg

黄金森陸上競技場の横の道をしばらく行くと24号壕と書かれた小さな標識がある。近くにクルマを停めて、緩やかな斜面を登っていく。緑の木々が鮮かだ。

24gougou_kaisetsu.jpg 24gougou_iriguchi.jpg k_koke.jpg

しばらく行くと沖縄陸軍病院24号壕の入口にたどり着く。現在の出入り口は、崩れてきた天井の土で本来より高い位置になっていて、本来の出入り口はもう少し前方だったらしい。この壕は幅が床面で1.8m、天井部で1.6mで高さは1.8mで32mほど奥に進み左に曲がると4mほどで行き止まりになるが、そから幅1mの細い通路が23号壕へと掘られているそうだ。

未完成ながらも壕の奥では掘る作業は続けられ、常に落盤と酸素不足の危険にさらされ、ロウソクの炎が消えそうになると上着や毛布などをふって空気を送っったそうだ。1945年の4月末には患者の病室としても使われたとある。

私は大学時代に探検部に在籍していたので鍾乳洞には数多く潜り、測量調査とかした経験があるのだけど、洞窟の中は真の闇。明かりを消すとそれこそ目の前にある自分の指さえ全く見えないのだ。暗闇に目が慣れても関係ない。全く光がないから当然のことだけど狭苦しい洞窟の中ではそれだけで一種の恐怖となる。ましてや戦時中だ、ここにいた方達の苦しみや恐怖はいかばかりのものだったろうか。想像を絶するものがあったんだろうなぁとしばし黙祷。

k_mori_gyakkou.jpg k_mori1.jpg k_top_hotokenumae.jpg

さらに上の方に登っていく。木々は間伐されていてよく手入れされているようだ。木漏れ日が差して喉かな感じ。散策するにはとてもいいかもしれない。頂上付近には慰霊碑なのだろうか、仏の前という石碑がある。

k_top_gyakkou.jpg k_top_mori1.jpg k_top_road.jpg

k_top_view.jpg k_top_komorebi.jpg k_top_kudari_road.jpg

k_top_sousiju.jpg k_road.jpg
頂上付近からは、尾根に沿って道があり、木々の間から南風原の街並みが見えたりもする。爽やかな風が吹き抜けていく。今も世界は戦争で満ちているけど、平和のありがたみが少しは感じられる場所のひとつではないだろうか。


黄金森の沖縄陸軍病院壕2へ

haebaru_map.gifこの地図は拡大も、マウスで移動もできます。


人気blogランキングfみんなに南風原を知ってもらうためにクリックしてね!→


posted by rio at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊ぶ・学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。